薄毛でも似合う髪型はどんなもの?

薄毛になったら、まずはポリピュアなどの育毛剤を使用して、
薄毛を解消する努力をすると思います。
でもそれと同時に、髪型を工夫することによって薄毛が目立たなくなるとのこと。

薄毛にはどのような髪型が似合うのかをまとめました。

隠さないようにするのが大切

薄毛に似合う髪型としてもっとも大事なポイントは、
「隠そうとしない」ことだそうです。

人間、恥ずかしいものがあると、どうしても隠したくなりますよね。
薄毛になると、薄い部分を長い部分で補うことで、隠したくなってしまいがちです。

でもそうすると、薄毛がかえって目立ってしまうことになるそうです。
「バーコードヘアスタイル」などが典型になるそうですが、
全体のバランスが崩れることで、かえって薄毛が強調されることになるとのこと。

また「なんとか隠そう」と思っている気持ちが垣間見え、
「みみっちい」「滑稽」「潔くない」という印象も与えることになるのだとか。

隠すのではなく、薄毛も個性の一つと捉え、
それを髪型としてどう活かすかを考えるのがいいようです。

短めのヘアスタイルがおすすめ

薄毛が目立たなくなる髪型のポイントは、「短めにする」ことだとか。

短いと、薄毛部分が目立ってしまうような気がしますよね?
でもそうではなく、薄毛部分とそうでない部分の差が縮まって、
全体のバランスが整い、かえって薄毛が目立たなくなるそうです。

「短髪は格好悪い」と思っている人は、考えを改める必要があるようです。
現代は、むしろ短髪こそがカッコイイと思われることが多いとのこと。

また短髪だと印象が弱くなると思う場合は、
メガネやヒゲなどでそれを補うこともできます。

具体的な髪型は?

スポーツ刈り

まずは、5ミリ〜2センチくらいの、単純に短い髪型。
髪全体が短くなり、分け目もないので、薄毛が目立たなくなるそうです。

また薄毛になると、髪の毛にコシがなくなり、
ペタッとしてしまったりくせ毛が出てしまったりすることもあります。
短髪なら、それも悩まされることがなくなっていいそうです。

ソフトモヒカン

頭頂部が薄くなっていない場合は、ソフトモヒカンもおすすめだとか。
これは頭頂部の髪を少し長めにすることで、絶好のアクセントになるそうです。

ただしこれは、短髪にしてはスタイルの変化を楽しめる反面、
スタイリングに時間がかかってしまうとのこと。

またカットも難しいので、腕のいい美容師に頼む必要もあるようです。