タバコやお酒は薄毛の原因になるので注意しよう

薄毛の原因は、遺伝や食生活、生活習慣の乱れなど様々です。なかなか止められない人が多い嗜好品のタバコやお酒も、薄毛を引き起こす大きな要因になります。この記事では、タバコやお酒と薄毛の関係について解説します。

タバコと薄毛の関係について

ニコチンを含むタバコは、髪の毛に大きな影響を与えます。その関係について、詳しく説明していきます。薄毛を改善したい人は、今すぐ禁煙しましょう。

タバコが頭皮や髪の毛に及ぼす影響

タバコを吸うと、頭皮の毛細血管が血行不良を起こします。さらに、男性ホルモンの分泌や身体に取り込んだ栄養にも作用します。髪の毛にどんな影響を及ぼすのか見ていきましょう。

頭皮の毛細血管を収縮させる

タバコに含まれるニコチンには、身体全体の血管を収縮させる作用があります。頭皮の毛細血管も例外ではありません。収縮により血流が悪くなると、血液によって運ばれる髪の毛に必要な栄養が、毛根の毛乳頭に届かなくなります。そうなると、髪の毛は健康に育つことはできません。だんだん細くなり、抜け毛が増えていきます。

酸素の供給を邪魔する

タバコの煙に含まれる一酸化炭素は、血液中のヘモグロビンと結びつきやすい物質です。ヘモグロビンは酸素を運ぶ重要な物質ですが、一酸化炭素と結びつくと酸素を十分に運ぶことができなくなります。

栄養と同じように、酸素が毛母細胞に届かなくなると、髪の毛は成長できません。毛母細胞は酸素があってこそ、正常に細胞分裂をくり返し髪の毛を成長させるからです。

男性ホルモンの分泌が盛んになる

ハーバード大学の公衆衛生学部の研究により、タバコを吸う人は吸わない人に比べて、10〜30%男性ホルモンが多く分泌されることが明らかになりました。

男性ホルモン・テストステロンは、身体の中で5αリダクターゼという酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロンという物質になります。このジヒドロテストステロンは、男性型脱毛症(AGA)の原因とされています。

※参照元URL:
https://gorilla.clinic/aga/hair/loss/smoking.html

ビタミン不足になる

タバコを吸うと大量のビタミン類を消費することがわかっています。ビタミン類は、頭皮や髪の毛にとってとても大切な栄養素です。ビタミンA・C・Eは頭皮環境を整えるのに役立つので、不足すると新たな髪の毛が生えにくくなり、抜け毛が起きやすくなります。

ビタミンB2・B6が消費されると、毛母細胞の細胞分裂が鈍くなります。さらに、頭皮の皮脂が過剰に分泌され、脂漏性皮膚炎などの炎症が起こるので、抜け毛が増えるでしょう。

肝機能を低下させる

肝臓は体内の毒素や有害物質を処理したり、食べ物を栄養素に変換したりする重要な器官です。タバコを吸うと、肝臓はタバコを有害物質と判断し、その処理に追われます。こうして負担がかかった肝臓は、その機能を低下させます。結果として、食べ物を変換できずに栄養が不足するので、髪の毛の成長が阻害されてしまいます。

薄毛の改善を考えている人は、禁煙しましょう。禁煙補助薬を使うと、ニコチンが切れることからくる離脱症状を緩和できます。禁煙外来を受診するなら健康保険が適用されるので、費用面でも安心して取り組めるでしょう。

お酒と薄毛の関係について

お酒が体内で消化される過程と薄毛には、大きなつながりがあることを知っていますか?ここからは、お酒と薄毛の関係について説明していきます。薄毛改善を目指しながらお酒を楽しむ方法もアドバイスするので、参考にしてください。

お酒が頭皮や髪の毛に及ぼす影響

お酒が薄毛を招く理由の一つは、お酒の消化時に髪の毛に必要な栄養素を奪ってしまうことです。さらに飲み過ぎは、男性ホルモンの増加や睡眠の質の低下といった髪の毛に良くない状態をつくってしまうので、注意が必要です。

髪の毛に必要な栄養素が奪われる

お酒を飲むと、肝臓でアルコールはアセトアルデヒドという毒性のある物質に変わります。アセトアルデヒドは酢酸にさらに変換され無毒になりますが、このプロセスでアミノ酸やミネラル、ビタミンといった髪の毛に必要な栄養素を大量に消費してしまいます。

また、肝臓にも負担がかかるので、機能低下を招きやすいです。すると、当然髪の毛に行き渡る栄養も少なくなり、薄毛が進行してしまいます。

男性ホルモンの増加

アセトアルデヒドには男性型脱毛症の原因とされているジヒドロテストステロンを増やす働きがあるため、ヘアサイクルを乱します。ヘアサイクルには髪の毛が育つ成長期、成長が止まる退行期、抜け落ちる休止期がありますが、ジヒドロテストステロンが増加すると、通常よりも成長期が短くなり休止期が長くなります。これにより、抜け毛が増えるでしょう。

眠りが浅くなり、成長ホルモンの分泌が減る

お酒を飲むと眠気を催しますが、睡眠自体は浅くなります。眠りが浅いと、髪の毛の生育に大きく関わる成長ホルモンの分泌が減るため、育毛が妨げられます。

お酒は節度をもって楽しもう

お酒は、晩酌で適量楽しむ程度ならストレス解消ができるので、薄毛にも良いです。しかし、飲む量をコントロールし、深酒しないようにしましょう。

適量は人それぞれですが、目安としてはビール中瓶1本、日本酒1合、ワインはグラスで2杯、焼酎はダブルで1杯程度とされています。少なく感じる人もいるかもしれませんが、薄毛が気になるなら我慢しましょう。

お酒で睡眠の質を下げたくない人は、入眠する3時間前までに飲酒を止めましょう。成長ホルモンは、入眠後3時間が最も分泌されやすいです。また、適量であっても毎日飲むことはおすすめできません。肝臓への負担が蓄積されるからです。週に2日ほど休肝日をつくれば、肝機能の低下もあまり心配ないでしょう。

まとめ

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、頭皮の血行不良を起こします。さらに、男性ホルモンが過剰に分泌されたり栄養不足になったりして、薄毛につながるでしょう。薄毛を改善したいなら、禁煙を本気で考えることが重要です。

お酒も、男性ホルモンを過剰にしたり睡眠の質を低下させて成長ホルモンの分泌を減らしたりして、薄毛を進行させます。節度をもって楽しみましょう。こうした生活習慣を改善したうえで育毛剤のポリピュアを使うと、育毛効果の実感がさらにアップするでしょう。